Chitose's history. 千年の歴史も一日から。 じっくり、ゆっくり、熱く歴史を走ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
静かな時間ね。
2008-02-04 Mon 20:57
いやはや、はまったらとことんはまる私です。

今まで100均グッズで書道してたけど、
さすがに本物が欲しくなった。 
ちょっと目をつけてた書道店に立ち寄り、購入しました。
硯と青墨です。
20080204185713


まっくろよりは、ちょっと柔らかい色をだしたくて、
また色の濃淡と、水分による滲みをだしたくて、
手で磨る(する)もの、
しかも黒墨ではなく青墨。真っ黒にはならへんねんて。

墨を硯で磨ったのって、小学生以来!
当時書道教室に通っていて、毎回毎回墨を磨ってました。

甦る子供の頃の記憶。
墨の香りと、磨る音。
あー、なんか日本人だなぁと思いました。 
こんなに静かな時間ってあったっけ?

最近は墨汁も安く売ってるし、入れ物に注いで筆をつければすぐに書ける。
でも、それって実は心の準備ってできないのかもしれない。
墨を硯で磨って、心を落ち着けて、心が静かになっていく。
その中で浮かんでくる思い、伝えたい思いを構想して。
筆を静かに硯の海につけて丘に戻す。
必要な分だけをとる。
そして、書く。

墨を磨る時間って無駄な時間に思ってたけど、
その時間に意味を見出すことができました。
ちょっとは書道家の気持ちに近づいたかにゃ?

これと同じように、自分では無駄と思っていたものが、無駄と思っていた時間が、
実は大切なんやないのか、
気付けていない部分があるんやないかってちょっと問いかけてみた。
スポンサーサイト
別窓 | BEAUTY | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<スマイルラインを。 | Be as you are... そのままでいいんだよ。 | 受験票。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| Be as you are... そのままでいいんだよ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。