Chitose's history. 千年の歴史も一日から。 じっくり、ゆっくり、熱く歴史を走ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
和敬清寂。
2007-04-23 Mon 23:48
茶道を教えていただく機会をもらった。
招かれたのは洋室。茶室はどこだろう?と思った。
でも、ふすまを開けたらそこには茶室が広がってた。

季節の花、つつじ。
かけじくには、日々之好日。(ひびこれこうじつ。)どんな日であっても、心次第でその日が楽しくなるでしょ、という意味だって。
茶器もきれいな焼き物。
そこはまさに一つの世界だった。

まずはお菓子をご馳走になった。
外はうすい桃色のゼリー、中は柚子の果肉が混ぜてあるわらびもち。
このお菓子はあやめをイメージしたものらしい。
お菓子の様子からは一見分かりにくいけど、それを考えて作者の意図をたどっていくのもまた面白い。

お茶をたててもらい、
「お先にいただきます。」
「ご相伴致します。」
と言い、
お茶碗を手にとり、軽く頭を下げて感謝を表し、
お茶をいただいた。
さいごは泡をずずーっと飲み干す。
これが美味しかったです、という意味なんだって。

心ってこんなに静かになるんだって発見。
お茶をたてる音を耳で楽しみ、
お茶の色、花の色、書道を目で楽しみ、
お茶の味を口で楽しみ、
お茶とお菓子の香りを鼻で楽しみ、
お茶碗のさわり心地を手で楽しみ、
すべての感覚に集中すると、心は静かだということに気付く。

和敬清寂。ワケイセイジャク。
相手と調和し、自然と調和し、それらを敬い、また自らを清くする。
そうすることで「寂」しずかな状態に至る。
素敵な言葉です。
こんな素敵な一日を過ごせたことに感謝☆


最近みた映画の1シーンで、
「未来で待ってて。」
っていう一言があった。
いつかまためぐり合うチャンスがあたえられるなら、
私も言ってみたいな。
そのときには成長した姿が見せられるようにお互い走っていきましょう☆
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の花 (トルコキキョウ) | Be as you are... そのままでいいんだよ。 |
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| Be as you are... そのままでいいんだよ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。