Chitose's history. 千年の歴史も一日から。 じっくり、ゆっくり、熱く歴史を走ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
プリキュアですか。
2009-08-24 Mon 20:44
友達の後輩から、ダンスの振り付け頼まれましたー。
大学のイベントでやるそうで。

曲は、な、なんと、


プリキュア…  !!


あーー、来てしまったーー。
いつか、アニソンにも振り付けすることあるやろなーって思ってたら、
まさにっ!
しかも、プリキュア… !



そして、こんなお土産ももらってしまたー↓↓
20090824204412


せんとくん…… しかも、たくさん… どこに貼れっちゅうねん!

ふつうに、気持ち悪いからいらない… って言ってしまった。
渡してくれた本人も、きもいですよね~♪ って同感。
もらってください♪っていうカワイイ女子の笑顔に負けて、思わずもらってしまた。

今、PCの隣にありますが、あまり見たくない…


それは、さておき、 せっかく来たリクエストなので、 
見てる人々をメロメロにしちゃう振り付けにしちゃおうと、張り切ってます♪♪

あわよくば、私もミニセーラー着て、踊ってみたい♪(←犯罪的…?)
スポンサーサイト
別窓 | DANCE | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
境界線。
2009-08-06 Thu 21:50
肉体的に境界線が存在するように、精神的にも境界線が存在するらしい。

最近、私の環境の中にやってきた人々の言葉で、傷付くことがあった。

「人の言うことやし、そう思わせとけばええやん」 って、言われるけど、

なんか自分で納得できにゃい。


で、いろいろ考え続けて、人と話したりして、

どうやら私は精神的境界線があいまいかもしれないって思いました。



隣にいる人が困っていたら、自分のことをさておきその人に耳と心と行動を傾け、

隣にいる人が怒っていたら、一緒にぴりぴりした気持ちになってしまったり、
また、自分がそうさせた? と必要以上に自分を責めたり、

誰かがあなたのことこうやって悪く言ってた、と言われて必要以上に傷付いたり。




境界線がしっかりひけたなら、

自分の感情 と 人の感情 をごっちゃにすることもないんやろうなぁ。
人の言葉によって傷付くことを避けて自分を守れるんやろうなぁ。

とうらやましくなった。



「人の気持ちを考えなさい」

「人が見たらどう思うの?」 

日本人なら人生でたくさん言われてきたような言葉ですかね。



人の気持ちを考えられること って とっても素敵やし、大切やと思うけど、

まずは自分の気持ちを大切にできた上での、他人を大切にする気持ち、 っていう

まずは自分、の部分を忘れてきてしまった私に気が付きました。


ここまで育ってきちゃったけど、守ってこられなかった自分の心を これから少しずつ守っていってあげたいと思いました ^^
別窓 | precious friends | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
永遠の縁
2009-08-04 Tue 22:37
最近、仕事の人間関係でちょっと疲れ気味。
精神的に負担がかかると、やたらと寝てしまう私。
睡眠時間の変動で、自分の精神状態をある程度測れるから面白いです。

で、今日も帰ってきてぐったりーーやったけど、
ベッドに倒れこんでしまうまえにー、気力で立ち上がり、
韓国から来ていた留学生が近々帰国するということで、
その子の送別会に行って来ました。

一年間ほど日本に滞在してて、
この一年分の写真をスライドにして見せてくれました。
自分も忘れていたようなことが、たくさんあって、
もう2009年を振り返ったような気分。
ダンスやら、歌やら、山登りやら、いろいろしました。

この送別会で、歌をプレゼントしてた人がいて、とても感動しました。


袖触れ合えば 10年の縁

心触れ合えば 100年の縁

霊が触れ合えば 1000年の縁

愛で触れ合えば 永遠の縁


っていう歌詞があって、ほんま泣けてきた。

クリスチャンになってから、永遠に信じられる存在と出会えたし、
永遠に、天と結ばれるんやなーって、この歌を聴いて改めて感動しました。

まぁ、体は離れても、目指す目標が一緒だから、また会えるでしょう、と約束し、
お互いのこれからを祈っていこうと思いました ^^



別窓 | precious friends | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| Be as you are... そのままでいいんだよ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。